自己嫌悪から救ってもらいました。

大学生の頃私は、バイト先の六歳年上の男性と付き合っていました。

彼が突然冷たくなった

しかし、彼と交際をして数ヶ月たった頃から、彼の態度が冷たく私に対して素っ気なくなってきたと感じていました。

それから職場の女性の先輩と何気ない会話をしていたら、「A さんが、【私の彼氏】さんに飲みにいこうって誘ってもらえて嬉しかったと言ってたよ。おの二人お似合いだよね。」と言ってきました。

私は彼と交際していることを職場の人には知らせていませんでした。彼から口止めされていたのです。Aさんとは2つ年上の職場の美人の先輩です。

同じ職場の女性に彼から声をかけていた

後日、私は彼氏にAさんのことをどう思ってるか聞いてみました。

「今、俺はAさんのことが気になってる。君と同じくらいAさんのことが好きなんだ。」と切なそうに言われました。

これはもう、本当は私よりもAさんのことが好きでたまらないんだと直感でわかりました。

彼をとられないように画策したのが成功に・・

私は翌日からは、こっそりとバイト先の人たちに自分と彼が付き合っていることを話すようにしました。もちろんAさんの耳にも入るように私は画策しました。

しばらくすると例の女性の先輩から「Aさんが、【私】さんと【私の彼氏】さんが付き合っているなら、私は【私の彼氏】さんとはもう会えない。【私の彼氏】さんとはもう関わらない、と言っていたよ。」と聞きました。

しばらくして、私は、彼氏から「別れてほしい。Aさんが好きだから付き合いたい。」とはっきり言われました。薄々わかっていた展開です。

私は、バイト先の人たちに「Aさんに彼氏を奪われた」と言いふらしました。A さんは、私より2つ年上で美人でしたので、見た目は恋愛に慣れているように見えました。

一方、私は子供っぽいルックスをしていたので、人目からは私のほうが初々しく見えていたと思います。私はそれを計算して動いていました。

Aさんは職場の人たちから冷たくされるようになり、バイトをやめてしまいました。そして、Aさんは私の彼氏だった人の前からも姿を消してしまったのだそうです。

自分のとった行動のせいでAさんを苦しめたことに嫌悪

それからしばらくしてまた、例の職場の先輩から聞いた話なのですが、Aさんはこれまでに男性と一度もお付き合いしたことがなかったのだそうです。

私はひどく自己嫌悪に陥りました。

どう見ても、私は悪役そのものの行動をしています。

一方で、Aさんはピュアなヒロインのようで、ますます憎らしくなりました。自分のことも彼氏のこともAさんのことも大嫌いで、誰を憎んでいるのかわからなくなり、占い師の助けを借りることにしました。

初めて電話占いにチャレンジするもうまく話せなかった

占い師の方を頼ったのはその時が初めてでした。

その頃の私は、本当に落ち込みげっそりとしてしまっていて、虚ろな目をしていたそうです。

学校の友達に薦められて、電話占い師の方に相談することにしました。友達が電話をかけてくれました。

とても親身に話を聞いてくれる占い師さんでした。

占い師は根気よく話を聞いてくれた

私は順を追ったわかりやすい話し方をすることもできなくて、号泣していました。起承転結もなく、支離滅裂な話し方をしていたと思いますが、根気強く話を聞いてくれました。

全てを聞き終えた先生は、私は全然悪くないと言ってくれました。悪いのは彼氏だけだと言ってくれました。

だから、私はもうこれ以上苦しむ必要はないとアドバイスしてもらえました。

Aさんにしてしまったことも最初から私に悪意があったわけではないのだから、仕方のないことだったと言ってくれましたし、Aさんには私の彼氏だった人はふさわしくないからこれで良かったとも言っていました。

先生と話をしていると癒されました。

占い師の言葉で自己嫌悪から解放された

私は失恋したことよりもAさんにしてしまったことにひどい自己嫌悪を感じていて、自分を消してしまいたくて仕方ありませんでした。

死にたいけれど死ぬ勇気がなくて生きているという本当に辛い状態でした。自己嫌悪から解き放たれたことでずいぶんと楽になりました。

こんなに優しくて、親身に話を聞いてくれる人がいるんだとびっくりしました。

占い師は彼の心や顔立ちまで当てた

また、占い師の先生が言った、彼の考え方や顔立ち、口癖などは全て当たっていました。

彼と私の交際していた頃の力関係や付き合い方など、私が話してないことも全部知っておられているようでした。

私の彼氏だった人は私がそこまで執着するほどの男ではないと先生は言いました。私の彼氏だった人はAさんにフラれたあと、別の女の子(職場の人)に言い寄っていましたが、相手にされていませんでした。

先生は、必ずAさんは幸せになれると言い、そしてAさんが幸せに暮らしているという情報は近いうちに私の耳に入ってくるからその時まで頑張って生きていこうと励ましてくれました。

占い師の予言が当たった

それから数ヶ月後、Aさんにはびっくりするくらいイケメンで優しい素敵な彼氏ができて幸せそうにしていると、例の職場の先輩が教えてくれました。

Aさんのことは本当に心配していたし申し訳ない気持ちでいっぱいだったので、心から嬉しくて、涙がこぼれました。

占い師はカウンセラーのような役割も

もしあの占い師の先生に出会っていなかったら、私は一生自分のことを嫌いになったままで、絶対にもう一度恋愛することはなかったと思います。

もしかしたら、友達との関係を築いたり、普通に仕事をしたりすることもできないくらいうつ状態になっていた可能性もあります。

占い師の先生はただ未来に起こることを予測できるだけではなく、カウンセラーのような役割も果たしてくれる存在なのだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です